オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノはアンティグア・バーブーダという島国が1994年に、世界で初めてオンラインカジノの運営ライセンスを発行したのが始まりです。

2年後の1996年からオンラインカジノが次々とでき、先駆者であるCryptoLogic、Boss Media、Microgamingが運営だけでなく、カジノシステムを他社の運営会社に提供する形式に移動することで普及につながっています。

1999年にMicrogaming社が世界的に有名な監査会社を入れて、カジノのペイアウト率(還元率)を証明。
ユーザーに公開することで信頼性が上がり、ライセンスの取得と維持のために監査をするきっかけとなりました。

オンラインカジノの知名度と信頼度は向上し、
2001年に世界で800万人がオンラインカジノをプレイ
2002年に市場規模が45億USドルに到達
という結果が報告されました。

2003年にはECOGRAというオンラインカジノ専門の基準監査機関が設立され、運営者の運営体制やユーザーの安全性をより強化する動きが始まりました。

オンラインカジノの運営の誠実性やユーザー保護が強化され続け、多くのプレイヤーに受け入れられて今に至ります。

オンラインカジノの現在

オンラインカジノを運営するにはライセンスが必要という運営ライセンス制度を採用することで、業界としての健全性と保っています。
ライセンス取得には出資者や取締役の背景チェック、運営体制やゲームの公平性などの審査を通る必要があります。
代表的なライセンスを発行している国は、英国、マン島、マルタ共和国、ジブラルタル、フィリピンなどです。

ライセンス機関の普及と規制の改善により、プレイヤー保護、マネーロンダリングの防止体制が強化され、現在ではプレイヤーにとって安全な環境が確保されています。

世界でも特にオンラインカジノが盛んなのはヨーロッパで、数多くの運営会社、ゲームメーカー、決済会社が上場しています。
オンラインカジノ業界の各企業がテレビCMやスポーツチームスポンサー契約なども頻繁に行われており、業界の認知度や影響力はとても大きくなっています。

オンラインカジノが普及しているヨーロッパ各国でも日本と同様、関連する法律は明確でないケースが多く、法整備を整えています。
ヨーロッパでは一般企業と同じく、納税義務も発生しています。
アメリカはランドカジノのプレッシャーによりオンラインカジノへの入金を違法にしましたが、
今では各州ごとに法整備が整い始め、合法化、もしく部分的な合法化となっています。

オンラインカジノ業界は20年以上の歴史を経て、今では様々なゲームの種類を提供するようになりました。
例えば、ライブカジノゲーム、対戦型ポーカー、スポーツブック、ビンゴ、Eスポーツなどがあります。

日本でもカジノ誘致が推進しているので、オンラインカジノが追い風になっています。
確かな実績と信頼性があるオンラインカジノだからこそ、安心して楽しめます。