オンラインカジノとは

ネット上でプレイできるオンラインカジノ

オンラインカジノはカジノに行かなくても、ネット上でプレイできるカジノです。
アプリのカジノゲームとは違い、リアルカジノと同じようにお金を賭けて遊ぶことができます。

アカウント登録は無料で、遊びたい分を入金してカジノゲームをオンラインで楽しむことができます。

日本でもこれからはやっていくオンラインカジノの特徴についてまとめてみました。

24時間いつでもどこでも遊べる

オンラインカジノの一番のメリットは、24時間いつでもどこでも遊べることです。
パチンコやスロットなど、お店が開店しているときしかできないです。

モバイル対応なのでスマホでプレイできるので、例えば夜の暇なとき、待ち時間や移動時間など、スマホのゲームアプリと同じ感覚で遊ぶことができます。

登録や入出金はいつでもできて、手厚いサポートもあります。

他のギャンブルよりも還元率が高い

オンラインカジノはパチンコ、スロット、日本の公営ギャンブルと比較して、還元率(ペイアウト率)の高さが魅力です。
還元率とは、「売上のうち、プレイヤーが当たったときに支払う総額が占める割合」です。
還元率が50%なら、売上100万円のうち、50万円を賞金、残りの50万円を運営費などに使っている、ということです。

公営ギャンブルの還元率が
競馬・競艇・競輪・オートレース:約75%
パチンコ、スロット:70~85%
に対し、
オンラインカジノは92~98%となっており、圧倒的に還元率が高いです。

還元率が約95%(92~98%)だからといって、プレイヤーそれぞれに95%還元されるわけではないです。
あくまでも、プレイヤー全体でみた場合になります。

オンラインカジノの還元率の高さは、ネットでサービスを提供することで人件費や土地代、家賃などの経費を抑えられるからです。
経費を下げることで還元率を上げているので、怪しいわけでもなく、健全な経営のたまものです。

還元率が高いということは、儲けるチャンスがそれだけ高くなるのでオススメです。

宝くじのように億万長者になれるチャンスがある

オンラインカジノではリアルマネーを賭けるので、勝つとお金が増えます。
宝くじの1等当選のように、数億円をゲットするチャンスがあります。
一攫千金を狙えるのはジャックポットです。

賭け金の一部を積み上げて、大当たりをした人が総取りできるシステムがジャックポットで、ジャックポットを搭載したスロットがあります。
タイミングによってピンからキリまでありますが、高額になると数百万ドル(数億円)がキャリーオーバーしていることもあります。

海外ではジャックポットで数億円を当てた人もいるので、日本のプレイヤーでもオンラインカジノで億万長者になる人が出てくるのも近そうですね。

現金同様にゲームで遊べるボーナスがもらえる

オンラインカジノでは入金した現金と同じようにカジノゲームが遊べるボーナスがもらえます。

現金とボーナスは取り扱いが別で、ボーナスを使うための条件が決まっていますが、お得にゲームができるうれしい特典です。

カジノによってボーナス額やもらえる条件は違うので、比較してみても面白いです。
入金した金額に応じてもらえるボーナスでは、最大1,000ドルもらえるカジノもあります。

オンラインカジノで稼いだ分は税金がかかる

オンラインカジノで稼いだ分には税金がかかるので、納税する必要があります。
勝ち分は一時所得に該当します。
一時所得は年間50万円までは控除されるので、50万円を超えると確定申告により納税する義務が発生します。

会社員での所得(給与所得)以外の所得は年間20万円までは確定申告は不要なので、最大70万円までは確定申告しなくても大丈夫ということになります。

オンラインカジノに使ったお金は経費にできますが、1日単位での計算になるので、1年間の合算ではないので注意は必要です。

 

オンラインカジノはこれから広まっていきます。
課金だけのゲームアプリと違い、勝つとお金が増えるが一番の魅力だと感じています。